山形県立天童高等学校 



令和元年度前期生徒総会(令和元年5月16日木曜日)

 

お知らせ


【東北学院榴ヶ岡高校との練習試合報告・・・野球場っていいな!】
5月26日(日)は宮城県・東北学院榴ヶ岡高校と練習試合を行いました。この日、5月にしては記録的な高温となり、熱中症に最大元気を遣いながらの試合となりました。天童高校は宮城県の高校とよく練習試合を行いますが、そのたび『今年の”ツツジ”(東北学院榴ヶ岡高校)は良く打つ。宮城でベスト4に入る。」と話を聞いていました。上位も下位も切れ目なく打つという情報でした。今回はその情報通り、長打・単打ともに相当打たれてしまいました。実力校と対戦するときの配球・コントロールには細心の注意を払うべきことをあらためて痛感させられました。同時に自分たちの粘り(攻撃面)を終盤に見せることができたとも感じています。厳しい試合でしたが、選手にとって多くの収穫がありました。
 またこの日は天童市スポーツセンター野球場で試合を行いました。距離感・スタンド・天然芝など普段とは違う感覚で公式戦に近い練習ができたと感じています。

①スコアボード・放送設備も使用して試合をしました。野球場はやはり最高です。



②(これは天童高校の保護者ですが)お互い多くの保護者が駆けつけてくれました。


③「ツツジは打つ」の言葉通り、センターの頭を遙かに超える長打も何本かありました。


④互いに力が入りすぎるシーンもありました。



⑤イニング間は互いに確認。また、別室では先輩マネージャーが1年生にスコアの付け方を教えていました。



⑥試合中いろんな場面を撮ってみました。





⑦この日、東北学院榴ヶ岡高校には連敗。完全に打ち負けました。


⑧最後に環境整備とミーティング。監督からは「みんなの力もある程度出せたと思う。」との言葉がありました。


⑨最後の最後は「お世話になりました」と一礼。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【平日練習報告・・・話し合いと確認は徹底して】
 平日の練習は時間も限られていることから、個々の練習メニューの間をできるだけ短くして取り組んでいます。途中、疑問があるとプレーを止めて話合いを行います。話合いや確認事項を中途半端にすると、大きなミスに繋がっていくので十分に時間をかけるようにしています。ある日の練習では、ランナーが二人いるときの守備対応を練習しました。複数のランナーがいるときは正確にプレーしないと大量失点に繋がることもあるからです。また、別の日は個人で強化したい部分のトレーニングを行いました。私たち顧問も適宜中に入り、指導を行います。

①このプレーは一瞬の判断・正確さ・覚悟・・・いろんなものがキッチリ揃って成功します。


②ブルペンでの投げ込みも計画的に行っています。



③部員がノッカーを務めての守備練習。互いに声を掛け合って盛り上げて取り組みます。



④ノックボール回収も内野全員で行います。


⑤マシンも使いますが、手投げでのバッティング練習を多く取り入れています。



⑥取り損なった打球の後、今度はしっかりキャッチしました。



⑦飛び出して果樹園に入ったボールはすぐに回収。近所・地域に迷惑をかけないよう気を付けてはいます。


⑧定期的に行うタイヤトレーニング。マネージャーもやれば良いのに!!


⑨環境整備は毎日地道に。



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【山形明正高校との練習試合報告】
 5月18日(土)山形明正高校と練習試合を行いました。山形明正高校とは昨年秋の地区大会二次予選で戦い敗退しており、それ以来の対戦となります。前週の宮城農業高校との試合で徹底されていなかった部分の改善、積極的に打ちにいくことをテーマに試合を行いました。この日は今シーズン一番の暑さで、本格的に熱中症対策をしていかなければならないことを実感しました。

①試合前のノックでは監督以上に声を出さないと、試合中の「いざという瞬間」声は出ません。


②1年生はボールから逃げないこと、捕球ミスを恐れないこと。そのうち上手くなってくるはずです。



③監督の指示通り、自分たちの考えたとおり攻撃できているか?



④選手間の声がけ、連携プレーなど思い浮かべていた通りできたかどうか。



⑤ベンチの中でも情報を共有し、次のプレーに生かしているかどうか。



⑥送りバントは攻撃の基本になります。いつサインが出されても良いように準備!


⑦ピッチャーは何人でも欲しいところです。疲れが貯まっているかな。


⑧先発して5イニング投げきった後、加えてウエイトトレーニングを課しているところです。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【県立宮城農業高校との練習試合】
 5月11日(土)仙台市校外にある宮城農業高校と練習試合を行いました。毎年、この時期に伺って練習試合を行っている宮城県大会常連の強豪校です。以前は海辺に近い所に校舎がありましたが、東日本大震災により山際に移転、新校舎で学んでいます。グラウンド上空は仙台空港に離発着する飛行機のUターン地点になっておりました。
 先日の地区大会の反省をもとに”練習してきたことを次の試合”に生かすことをテーマに試合に臨みました。具体的には”野手間の声がけの徹底、初球から打っていく”など彼ら自身が感じた・考えたテーマです。
 
①「結果を恐れず初球から打って行く。」ことは実践できたか?


②監督も選手の動きを見つめています。


③「ストライクゾーンは広めに!」「今はこうすべきだった。」「ナイスプレー。」「気にするな。」イニングの合間の会話も重要です。



④高校での一球目はストライクから始まった。最初の守備はエラーから始まった。皆ここから経験を積んで成長していく。頑張るのみ。期待します!!



⑤バント処理・走塁・進塁打・・個人ごとのテーマももちろんあります。



⑥改善の見られた面、「また・・・。」と感じる面などいろいろありました。帰ってまた練習です。



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【村山地区二次予選報告】
 5月4日(土)に行われた村山地区二次予選では谷地高校と対戦、5-6で敗退となりました。目標にしていた県大会に進むことができませんでした。谷地高校には昨年も敗れており、本当に残念です。どうしても”あと一本”が出ませんでした。残る公式戦はHPのタイトル通り、夏の大会のみとなりました。このHPでは「自分たちに足りないところを・・・」と繰り返し書いて取り組みを取り上げてきましたが、まだまだ弱点克服には至っていないということです。夏の大会は言うまでもなく3年生にとってはラストチャンスになります。残っている時間を有効に使ってチームレベルを上げていきたいと思います。今回は二次予選終了後、最初の練習を取り上げました。
 予選応援に駆けつけてくれた地域の皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

①まずは試合形式ノック。予選では野手間の声がけが十分でなかったことで失点してしまいました。



②ノック後は2チームに分かれてミーティング。その後全体ミーティング。



③各自のレベルアップも絶対に必要です。1年生も本格的に参加して練習です。



④テニスボールを使ってのゴロ捕球練習。”サード”チームの練習は長く続きました。


⑤練習後の最後の一礼です。本番、夏の大会では校歌を歌ってから一礼したいものです。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【春季高校野球村山地区一次予選】
 4月27日(土)山形市きらやかスタジアムにおいて春季高校野球村山地区一次予選2回戦が行われ、天童高校は山本学園と戦いました。結果は7-14での敗戦、二次予選に回ることになりました。公式戦の写真報告は規則上できませんので試合結果だけ報告させていただきます。応援に駆けつけてくれた保護者・OB・在校生の皆さん,
ありがとうございました。二次予選の相手は谷地高校。勝利すれば左沢ー山形学院の勝者となります。
 今回は一次予選と二次予選の合間の練習を取り上げました。一次予選でチーム・個人として足りなかった部分を、一週間だけですがしっかり練習していきたいと思います。

①バッティングは一次予選でもある程度結果が出ていましたが、負けてしまえば素直にそうは思えないでしょう。



監督自ら捕手を務めるながら練習を効率よく進めていきます。



③1年生でも質問やアドバイスを求めたいときは、遠慮なく来て欲しいと思います。


④天童高校自慢の桜並木が葉桜となりました。その代わり、周囲の果樹園で桃・リンゴ・ラフランスの花が一斉に咲いています。



⑤グラウンドが雨でコンディション不良ということで、室内に切り替えて練習。




⑥投手陣は監督とともにフォームをチェック。


⑦フォームチェックに加えてゴムチューブでトレーニング。写真はメニューを確認中。



⑧足下が相当緩い中でのピッチング。少しずつ着実に進化していって欲しい。頑張れ!


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【新入部員、覚悟を決めてがんばろう。高校野球を”本当の意味”で楽しもう。】
 今年度の新入部員は選手6名、マネージャー2名でした。野球は9人制なので学年で常々選手9人は欲しいなと思っていましたが、こればかりは仕方がないことです。平成最後の新入部員、張り切ってがんばっていきます。よろしくお願いします。
 選手はすでに練習に一部、時にはフルタイム参加しています。(他の高校でも同じだと思いますが・・・)体力的な差はかなり大きいものがあります。練習した以上にたくさん食べて、まずは体作り。野球は体の大きさがプレーの質に関わることがいっぱいありますから。

①平成最後の新入部員です。仲間とともにがんばるのみ!


②ティーバッティングやグラウンド整備などに参加染ました。先輩との”1年の差”を感じたのではないでしょうか。



③ノックに参加。失敗を恐れずチャレンジして欲しい。もっともっと上手くなるはずだ。




④先輩も負けずにがんばれ!”1年の差”を見せつけて欲しい。


⑤ノック終了後はしっかりと挨拶。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【通常練習、および天童市総体:創学館高校】
 4月の半ばになり本校でも桜が咲き始めました。野球部が活動するグラウンドには外野フェンス沿いに見事な桜並木があります。満開時には本当にきれいで学校の宝物のように思えます。新入部員も6名入り活気が出てきました。今回はその桜に関わる報告と4月20日(土)に行われた創学館高校との定期戦(天童市総体)の様子をお知らせします。月末は春季地区大会一次予選です。山本学園と対戦予定です。

①公式戦が近づいてきたこともあり、実践的な練習も増えてきました。(試合形式のノック)


②ノックでは際どいプレーが続出します。いかにしてチャンスをつかみピンチをしのぐかを全員で考えながら練習します。


③ちょうどこの日は桜が満開に近くなりました。外野からホーム方向。



④満開の桜を背に守備練習。年に何日もない絶景下での練習。


⑤範囲を広げてもう一枚。一般市民の方にもぜひ見て欲しいです。



⑥4月20日(土)天童市スポーツセンターでの天童市総体、対創学館高校戦です。試合は1-3で敗退。





⑦2・3年生メンバー18人+4名のマネージャー。これからここに1年生が食い込んでくることを期待します。

※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功(創学館高校との定期戦は保護者の方が撮影しました。)
 

お知らせ



【4月13日練習試合報告】
 4月13日(土)、仙台城南高校・米沢工業高校と練習試合を行いました。両チームとも毎年上位を伺う実力校です。個人個人のパワーとスピードという面では差がありますが、自分のやるべきこと(目的を持った連係プレーや確実な声がけ、失敗を恐れないこと・・・)を着実に実行していけば、チームとしては十分戦えると考え試合に臨みました。結果は1勝1敗でしたが実りある1日でした。
※前々日にたくさん雪が積もり、実はグラウンドコンディションが非常に心配でした。

①遠くの山が非常にきれいに見えます。その中プレーボール。


②相手校のピッチャーはボールには力がありました。なかなか対戦できないような素晴らしい投手です。


③ちゃんと練習していた甲斐があった。ナイスバッティング!!


④普段はピッチャーはやらなくても、”いざ”というとき投げられることは重要です。


⑤監督・仲間からの声を次のプレーに生かすことは重要。仲間に伝えることも重要。



⑥三遊間のグラウンドコンディションがやや悪く、互いに声をかけながらのプレー。


⑦今日も積極的にスイングしていたと思います。ずっと貫いてほしい!!



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【グラウンド整備、および4月6日練習試合報告】
 グラウンドを使い続けると次第に凸凹が生じます。ランナーが走るところは特に深く溝のようになります。そこで3月29日(金)、野球部保護者会のご協力で黒土をダンプ2台分入れていただきました。搬入後、部員全員で平らにならし、踏み固め、最後に”にがり”を蒔いて固めてみました。この後、雨が降ったので、しばらくは使って踏み固めることを繰り返し、良いグラウンドコンディションをキープして活動したいと思います。まずはこの場を借りて保護者の皆様に改めてお礼させていただきます。
 さて4月6日は左沢高校との練習試合です。左沢高校監督は本校前監督の山口先生ということもあり実現した試合です。当日部員が少ないということもあり、本校選手や土田監督を左沢高校選手としてプレーしてもらいました。

①3月29日午後、保護者会のご厚意によりグラウンド(内野)に土を入れさせていただきました。

 

②ランナーの走るところを中心に固めていきます。”にがり(塩化カルシウム)”も蒔いて固めていきます。
 

③この日も風の強い寒い日でした。


④試合中の様々な場面です。




⑤土田監督も左沢高校の助っ人して出場。ライト前にヒットを放っています。守備はサードで



⑥今シーズン数試合目とあってマネージャーのアナウンスにも余裕がある感じがします。


⑦選手が少ないこと、考えたプレーをしてもらいたいことから試合目はキャプテンが指揮。



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【春休みの活動いろいろ】
 このHPでは春休み以降、公式戦や練習試合の報告を中心にしていこうと考えています。ただ今回は、練習やそれ以外の活動で野球部が関わりを持ったものを取り上げたいと思います。


①この日、部員の半分は公務員講習を朝から夕方まで受講しています。残ったメンバーでのベースランニング。
 

②タイム測定しながらのダッシュです。雪がちらつき体に堪える日でした。


③次の日、積雪のため練習試合は中止にしました。
 

④練習試合予定だった新庄北高校の野球部員と本校生徒で合同トレーニングを行いました。
 

⑤外でも合同トレーニング。


⑥これは公務員講習会の様子。写っている方は本校でお世話になっている安部卓也先生です(仙台総合ビジネス公務員専門学校)

⑦この時間帯は一般教養の演習時間でした。野球部員も何名か参加して頑張っています。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【今シーズンの練習試合2試合目】
 3月21日(木)本校グラウンドで上山明新館高校と今シーズン2度目の練習試合を行いました。3月16日の練習試合で感じた課題を少しでも解消できるよう意識しながら試合に臨みました。
 試合結果としては1勝1敗でした。部員数などお互い似たようなチームですが、地力に勝る上山明新館高校から学ぶべきことは多くあると感じました。エラーがあったとき、気持ちを切り替え次のプレーをすること、ピンチになったときこそ声を出して相手が点を取りにくい雰囲気を作ること・・・など試合をするたびに自分たちに必要な部分が明らかになってきます。


①先頭バッターが出てまずは送りバント。一発で決めたいところ。
 

②逆転された後のチャンスの場面でした。
 

③新しいシーズンなのでいろいろな布陣を試しています。
 

④試合中のちょっとした一コマです。
 
 

⑤5回の折り返しでのグラウンド整備。明新館高校の生徒も手伝ってくれました。感謝!
 

⑥今回は前回と比べて”バットの芯”で捉えた打球が多かったように見えました。


⑦”ガツン”と今日一番の当たり。


⑧イニング間のプロテクター装着やミーティング。



⑨今日は春休みの1日です。センター後方ではソフトボール部が練習試合を行っていました。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【試合と試合の合間に】
 野球シーズンが始まると試合→練習→試合の繰り返しになります。そして試合で感じた修正すべき点・克服すべき点を通常練習で直していくことになります。この日は先日の反省のもと、守備練習(投手陣はピッチング)を中心に
練習を組み立てました。ランナーを付けたノックを多めに行い繰り返し内外野の連携を確認しました。繰り返し練習することで”できるだけ失点を少なくできるチーム”にしたいと考えています。
 練習では時折、土田監督が自らバッティングを行い
ノックの代わりにするときがあります。ノックとは違う感覚で打球を追うことができ、より本番に近い練習ができます。監督自ら体を張って取り組んでくれることは、部員にとって本当に良い見本になります。

①まずはアップから。この日は晴天。後で花粉の影響が相当あったと聞きました。
 

②新しいパターンのアップのようです。初めの頃は監督の指示通りの動きではなかったようです。「おいっ、ぶつかるな!」
 

③まずはランナーを付けてのノックから。
 

④投げる動作の後すぐに動いていきます。続いて大きな声での指示・大きなジェスチャー・他の塁のカバー・・・一瞬の判断が大事です。




⑤続いて監督がマシンのボールを自ら打っての守備練習。より実践的です。
 

 

⑥おまけになりますが、天童高校グラウンドから見る風景。藤沢周平の世界のようです。

※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【2019年初の対外試合を行いました】
 
316日(土)長井高校と2019年初の対外試合を行いました。3月本来の肌寒い天気の下、2試合行いました。今回は今年初の対外試合であり、自分たちができることできない課題に気付くことができるかどうかが重要なテーマになります。長井高校も同様だったのではと思います。ちなみに長井高校は県大会上位に食い込むことができる強豪校です。胸を借りる気持ちで戦いました。

結果は11敗となりました。試合結果はともかく、パワー・スピードに関しては冬の頑張りを実感できる部分もありました。同時にこれからも繰り返し練習していかなければいけない課題も見つかりました。次の試合は21日(木)上山明新館高校です。この日同様、目的を持って臨みます。


①この一球から今年のシーズンが始まりました。


②2・3年生合わせて部員18名。守備の回にはベンチは少なくなります。


③セカンド後方にサッカー部。高校入試期間中で久しぶりの活動なのです。



④最初の攻撃「良いピッチャーだけどガンガン行こう!


⑤シーズン初めということもあり、ピッチャーも短いイニングを交代しながら。その準備。


⑥この日、天童野球連盟審判員の方が大勢駆け付け、実技研修を行いました。おかげで公式戦さながらの雰囲気になり、緊張感が出て良い試合ができました。


⑦これが”冬の成果”と言える瞬間でした。打球がライト方向にグーンと伸びていきました。


⑧試合中はいろんな瞬間があります。




⑨この日は風も強く気温も10℃を下回りました。そんな中、マネージャーはアナウンスやスコア記録に対応してくれました。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



 卒業式前後、大変良い天気に恵まれたおかげで、3月初めにはグラウンドもすっかり乾きました。現在、放課後の通常活動もグラウンド使用に切り替え練習しています。まだ3月ということもあり、放課後から練習を始めるとすぐに日が沈み暗くなります。したがってグラウンド練習では取り組む内容を絞って練習するようにしています。この日はバッティング練習を行いました。しばらくは室内練習と併行しながらの活動になりそうです。

①校内にはまだ雪が見られる場所があります。


②この日はバッティング優先です。この時間で暗くなってきました。


③バッティングピッチャーもコントロールを付ける良い練習になります。


④この時間帯はどんどん投げ込み回転良く練習します。


⑤バッターもストライクを見逃さず積極的に打ちにいかないといけません。


⑥寒い時期、少しでも振り遅れると指の付け根に響いて痛くなります。


⑦撮影中、あっという間に暗くなってきました。



⑧「こっち打ってこい。」声がけはいつも通りでした。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功
 

お知らせ



【私達だけではなく、審判の方々も始動】
 この日の気温は13度、この時期にしてはとても暖かい日になりました。グラウンド練習ができるようになり数日経ち、実践的なメニューもいくつか取り入れてみました。内外野分かれての基本守備練習、ティーバッティング、ポジションごとのノックなどです。内野守備では低い位置でていねいに捕ること心がけ、外野守備では背後の打球の追い方を練習しました。バッティングでは強い打球を打つことを常に意識して取り組みました。
 練習の最後には体力強化の一環としてタイヤトレーニングを行いました。“地面に置いたタイヤを押して進む”という極めて単純なものですが、体幹を鍛えるものとして効果のある練習です。土田監督は「明日休みだから・・・。」と手を緩めずにメニューを課すのでした。

 
①まずは念入りなストレッチからアップ開始。



②ダッシュも入れてさらにほぐし、体に力を入れられるようにします。


③腰・太ももなどを鍛えながらのストレッチ。この後、ボールを使った練習が始まります。


④”捕球位置”について考えさせながら進めていきます。


⑤ノックの前の守備基礎トレーニング。


⑥今日は天童野球連盟審判員の方々が集まり、ストライク判定の練習に取り組みました。
 

⑦仙台六大学野球リーグで公式戦審判員を務める方々もこうやって練習しています。選手達も真剣なコール・ジェスチャーに気持ちが乗り、投球練習ができました。


⑧監督がマネージャーからのトスを直接打って、外野陣のノック代わりにしています。



⑨まずはタイヤトレーニング基本の”押し”。


⑩ここから延々と続くのでした。



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功

 

お知らせ



【今日は今までの分、思いっきりやってみる。】

 久しぶりにグラウンドで練習すると、守備での距離感・打球の飛び具合、ボールのバウンド・・・いろいろなものが新鮮に見えます。この日の練習ではアップの段階からウエイトなど一部の練習を除き、全て外で実施しました。グラウンドの中から水がしみ出し,まだ柔らかめであるものの、選手たちは久しぶりの守備に張り切ったり、打球のスピードを確認したりしていました。またこの日はネットの設置・バッティング用ゲージの設置も行い、これからの本格的な練習に備えました。天童でこの時期、外で練習できるのは記憶にありません。せっかくのチャンスなのでガッチリ練習に取り組みます。


①マネージャーは外での練習に備え物品整理・作成を行っていました。


②ハウス内で使っていたボールを選別・補修し、外で使うための選別をしてします。



③ティーバッティングの打撃順を決めています。後から打つ人は守備に回り、守備練習を兼ね打球処理をします。


④早速開始!


⑤マネージャーにもトスを手伝ってもらいます。


⑥”強く叩く”トスバッティングの打球で守備練習。グラウンドが柔らかく、バウンドは少なめでした。


⑦1かご打つのも結構大変です。


⑧監督もトスを上げながらアドバイスしています。


⑨しばらく繰り返しているうちに”グラウンドでの感覚”を思い出すようです。



⑩交代しながら続けていきます。後方にまだ雪が残っています。


⑪このトスバッティング練習は午前中しばらく続きました。


※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功


 

お知らせ



【野球はやっぱり外が良い!】

  「まもなく外でできるかもしれない・・・。」とブツブツと繰り返し書いていましたが、期末テスト最終日の午後、久しぶりに外で野球をすることができました。キャッチボールと軽いランニング・ストレッチなどを全員でこなした後、少人数に分かれてトレーニングを行いました。。グラウンドの表面は完全に土が出ていましたが、内部には浸透した水がまだまだ残っているようです。乾いているところもありますが、大体のところは表面がしんなりとしている感じがします。これから新しい土を入れたり、にがりを加えながら野球場らしく整地していきたいと考えています。やっぱり外は良い。でも寒い。まだまだ寒い。

 ※外練習を始めた日をもって冬練習報告は終了し、夏に向けての報告とします。

①まずはキャッチボールから。このスタイルはいつ以来?




②まずはノック。交代しながら各自取り組む。





③手投げによるトスバッティング・バント。



④ローテーションで別のチームが守りに。「届かないっ!!」



⑤無理して力を入れすぎないようにしています。



※文章作成・写真撮影・・・野球部顧問 後藤 功

 

お知らせ




【野球部3年生の皆さん 卒業おめでとう】

3月1日(金)、天童高校では平成30年度卒業式が行われました。野球部の3年生も無事卒業し、それぞれの進路へと向かいます。3年生ががんばってくれたおかげで今があります。残ったメンバーはそのことを忘れずに次代へと繋いでいくことを約束したいと思います。
 今回地元に残ってくれる卒業生は多いのですが、学校からいなくなってしまうことに変わりはなく、単純に寂しい思いがします。これからは健康に気を付けて新しい道でがんばってください。そして良い仲間・先輩に恵まれ、充実した毎日を過ごしていくことを願っています。

 また、選手達を暖かく応援して下さった地域の方々、ありがとうございました。

 天童市SC野球場では特に大きな声援をもらったこと、感謝しています。・・・選手一同


① 第100回全国高校野球山形県大会のため撮影したメンバー写真です。


② 大会パンフレット用にと撮影した1枚です。天童市SCスポーツセンター野球場です。


③ 2月14日(木)久々の3年生登校日にて。



 

両親への一言・・・今までありがとうございました。

赤平 温季

毎日、弁当ありがとうございました。

花輪 大夢

今まで支えてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。

伊藤 旦人

育ててくれてありがとう。

笠井 兆

アルバイトしてスマホ代払います。

佐藤 幹太

毎朝送迎、ありがとうございました。

荒井 大翔

助手席は友達の次ね。

板垣 陽大

そば弁当大好きです。

村川 嵐惟

車を買ってくれてありがとう。

森谷 乃彩

マネ

毎日休まず仕事に行き、お金を貯めて家族旅行に連れて行きます。

佐藤 花穂

マネ

長生きして下さいね。


④ 卒業式後、全員で集まって記念写真。


⑤ 後輩から色紙を渡しながら紙吹雪。毎年の光景です。
 

⑥ キャプテンから最後の言葉と挨拶で締めました。
 

お知らせ



【冬の練習報告12】

いよいよ天童高校でも外で野球ができそうな感じになってきました。昨年よりもずっと早いペースで雪解けと乾燥が進んでいます。(昨年は16日、軽くノックしました。)外でする前に凹凸を直すなど地味なグラウンド作りもありますが、やはり気持ちが高ぶってきます。また、室内で取り組んでいるトレーニングも長期間継続してきたこともあり、いろいろな面で体の変化を実感できるようになりました。同時に監督の指示がなくても適切な取捨選択ができるようになってきました。外で野球をするようになってもコンディション作りに役立てたいと思います。

① 「股関節を・・・・。」


② 重量と回数のバランスを自ら考え取り組む。


③ プロテインなども適宜補給。


④ フォームがしっかりしていて良し!。


⑤ 監督から「姿勢をきちんと。」と何度も指示がありました。


⑥ これは初めての種のトレーニング?いろいろメニューが引き出されます。


⑦ 「鍛える部分への意識を持つこと」と「トレーニング時のフォーム」が大事。


⑧ スピード感を伴う腕立て伏せ。慣れたら途中で拍手を入れ腕立て(下)。





⑨ たびたび出てくる懸垂ですが、回数が徐々に上がってきました。

 
 

お知らせ


【冬期間の練習報告11

今年度最後のテスト(後期期末テスト)も終了しました。一時休止していた部活動ですが、強化して取り組むことのできる時期になりました。最近の暖かさで天童高校ではかなり雪が溶けました。「グランドで野球やれたよ。」という他校の声もチラホラ聞くようになりました。楽しみにしてはいますが、私たちはもう少し体力強化に努めたいと思います。

今回も普段の活動内容の紹介ですが、筋力トレーニング(ウエイトや腕立てなどのベーシックなもの含め)においては、個人の現時点での筋力に合わせて加減する方法を土田監督から学び練習しています。ただし、伸びてきた部分もあれば、やはり「どうしてもここが・・・。」という部分も出始めています。監督はシーズン中も継続して行えるトレーニングであることを意識して教えています。

① 反復横跳びのタイムトライアル。


② 反復横跳びその2。


③ 監督自ら手本を示してくれますが、簡単そうで意外と難しいようです。特にテンポ良くという部分で。


④ 「うまくできないっ。」という声が聞こえました。


⑤ プラボールなど柔らかい球を使い交代交代で。
 

⑥ だいぶ打球の”強さ”が出てきた感じはあります。


⑦ 打つ方向を意識して打っているようです。


⑧ 強く叩くことを意識して打っているようです。


⑨ 軽い手投げでのバッティング。



⑩ マネージャーからのトスも欠かせない。
 

お知らせ


【冬期間の練習報告10

野球部では月に12回の頻度でミーティングをしています。この日は生物室で行いました。ミーティングでは具体的な練習方法について、個々の気持ちの整理について、日常生活についてなど、その都度必要とするテーマで行います。今回はこれからの目標など、土田監督が作成したシートに記入していくスタイルで行いました。野球はチームで戦うスポーツですが、強くなるためには個人的にも成長していくことが求められます。(体力・技術・精神力)

ミーティングでは今までを振り返りこれからを考える時間を持つことで、気分をリフレッシュして練習に励んでいくことを期待しています。

 

① ミーティングにおけるシート記入中



② 自己目標やその達成のための方法について。


③ 「実現するためにはどうするの」をしっかり考えることが重要。


④ ミーティングの日も補食のおにぎりあり。サケ缶と大きさを比較しました。

⑤ さっそく食べる。「家でも食べないと・・・。」


⑥ ラフランス畑もグラウンドも、自然に土が見えてくるようになりました。もう少しだ。


 

お知らせ


【冬期間の練習報告9】 

 体育館が空いていればバッティング・ノック(守備練習)など本来グラウンドで行うメニューを実施することがあります。今回はその練習をご報告します。ただし、”壁に穴を空ける・窓ガラスを割る”は避けたいので、シャトルやゴムボールで行います。ボールを投げたり打ったりすることは野球の楽しみそのものですので、部員達は張り切ってしまうわけですが、ケガは気をつけなければなりません。最初の練習試合は3月下旬、それまで地味に活動していきます。

 
① 体育館でのシャトル打ち。投げる方にも慣れが必要。


② この日は一人20球ぐらいで交代しながら打っているようです。 
 

③ シャトルはたくさんあります。


④ 内野ノックを想定して。彼らは本来外野手。


⑤ バウンドを上手に合わせて捕ることも野球の醍醐味です。


⑥ 体育館を仮称:天童ドームに見立てて練習。狭いながらも外野も想定。左は土田監督兼この日は捕手です。


⑦ ぱっと見てわかりにくいかもしれませんが、外野守備を想定して右・左に打球を振られています。
 

⑧ こういう練習をすると水分補給ペースが上がります。


⑨ アップはバレーボールだったり・・・。


⑩ もう一つのアップは普通通り野球ボールだったりします。


※編集の際、字体・写真に統一感を持たせ、皆様に見やすくなるように工夫していきます。
 よろしくお願いいたします。



 

お知らせ


【冬期間の練習報告8】
 
 体力測定の傍ら、通常メニューも併行して行います。体育館が空いていればノック(もちろん柔らかい特注ボールで)、走塁、シャトル打ちなどを行います。天童高校は古い建物で狭いのですが、工夫すればいくらでも練習できる環境だと考えています。また、写真にあるように外には雪がまだまだあります。ラフランスの畑も剪定している人が毎日来ていますが、まだまだ雪があります。ですが確実に春は近づいています。今日はブルペンで全員投球してみました。重く感じるのか軽く感じるのか、「おっ、球速が上がった。」「変わらないな。」いろいろ感じたことでしょう。

① 例年より雪が少ないのでしょうが寒々しい景色です。でも春は近い!
 

② 垂直跳びを計測するのも大変ですが、慣れれば問題なし。


③ 階段ダッシュ。天童高校の4階までのダッシュはなぜか遠く感じるのです。


④ 上がって戻るまでのタイムを計っています。


⑤ ボールを投げるのはやはりうれしい。ついでにこの中からピッチャーが出て欲しい。


⑥ なかなかのボールを投げる期待の星です。


⑦ 今年の第1球、どう感じたのか?



 

お知らせ



【冬期間の練習報告7】

天童高校野球部では学校HPの中で、活動の様子を写真を使って報告してきました。外で活動できない冬期間はこれまでの報告の通り、筋力・持久力・スピードアップを目的に様々なトレーニングを行ってきました。2月最初の土日の活動ではそのレベルがどこまで向上したのかを計るための定期計測を行いました。体力テストでよく見かける基礎的なものと、スイングスピード・投球スピードなど専門的なものとを組み合わせて測定しました。マネージャーには細かく記録をとってもらい、監督と分析を行いました。選手は結果が数値で示され、笑みや苦笑いが出ていたと思います。順調に伸びることばかりではないということです。

① まずは監督からの指示。部員同士の確認から。


 5分間走・ストレッチ・スキップ・手押し車・・・測定を始める前のアップ。
 

 けんすい・・・単純にこれはキツイ!!


 ブリッジ・・・これもキツイ!!「ここがキツイ」と言えない苦痛が来ます。


 2kgのメディスンボール投げ。


 マネージャには事細かく記録してもらいました。






⑦ スイングスピード、これは力を入れすぎると鈍るんです。







いきなりは上がらないが確実には上がる。何事も継続!
 

お知らせ



【冬期間の練習報告 6】
 2月になりました。グラウンドで練習できるまであと2か月ぐらいでしょうか。しかし、土の上でプレーするイメージが湧きません。ここまで様々な方法で体力強化に努めてきました。今後はこれまでの継続に加え、足りないところをしっかりと見直し、さらに練習に励みたいと思います。その思いは全員共通の意識としてあると思います。グラウンドを踏んだとき、「やっておにぎりけば・・・」とならないようにします。 

 毎回、マネージャーが補食としておにぎりを作ってくれます。写真を撮った日は簡単な塩おにぎりでした。今回、見た目はシンプルなのですが、実は彼女たち4人はいろんなおにぎりを作ることができます。お楽しみおにぎりを作ったときがあれば報告したいと思います。


① ウエイトトレーニングの記録はこまめに、丁寧に。


② 昨日もやってみた。「腰が若干張っている。」
 

③ 危険を防止するための意味合いもあり、仲間の様子も見ながら行います。


④ 上の写真③と同じです。


⑤ マネージャーが湯気もくもくの中、黙々とおにぎり作り。(本日は塩)


⑥ ”お椀一杯”のおにぎりが補食の基準。マネージャーは本当に上手。


⑦ 別グループは階段脇で筋トレです。古典的な感じがしますが、理にかなっているのです。


⑧ 「おまえは足は持ちにくい!」など言葉を交わしながらのインターバル時間。


⑨ 本当にラスト1回、スタート。

 

お知らせ



【冬期間の練習報告 5】

1月下旬、天童高校ではインフルエンザの猛威が落ち着いてきました。他校でも学級閉鎖があったことを聞き、体調管理の難しさ・大事さを痛感させられました。

さて、野球部の冬の練習では、体育館が空いていれば利用するときがあります。この日は大会などで不在の部があったため、アップの段階から利用しました。様々な形からのダッシュ・ノック・ストレッチなどを組み合わせて活動しました。今日は冬だけではなく、シーズン中も継続していくべきトレーニングも行いました。監督自ら正しいフォームを実践し、意義なども説明しました。特にストレッチは小学生にも普及して行われており、一見手軽そうにも見えます。しかし、正しいフォームで行わないと目的と結果がかみ合いません。細かなところも大事にしていくべきと考えています。

各高校の推薦入選もまもなくです。1年生も「天高を受験して野球部に入る後輩がいないだろうか?」と楽しみにしているようです。


① 大きさの異なるBOXを片足でジャンプ。脚のパワーアップに繋げます。


② 別角度からですが、10cmの差は思った以上に負荷が大きい。



③ 様々な姿勢からのダッシュを繰り返しているところです。
 

④ ”大きな動きから体をピタッと止める”を意識しながら取り組んでいます。


⑤ 今日は体育館Aコートで。上から撮ってみました。
 

⑥ トレーニングがある程度進んだ時点でバレーボール投げとノックを行いました。その前の指示です。


⑦ ノックでの捕球位置・その後の脚の流れなど気になったのでしょう。
 

⓼ 最後はストレッチで締めましたが、ストレッチ前後での筋肉の状態を確認しました。


※緊張をほぐし、呼吸を整えストレッチを行っているため笑顔です。 

 

お知らせ



【冬期間の練習報告4】

 1月下旬、天童高校ではインフルエンザが猛威を振るいました。学級閉鎖もあり野球部の生徒も数名感染しました。指示通りしっかり休養して復帰してくれましたが、目に見えないウイルスは本当に怖いものです。
 野球部では地味なトレーニングが日々繰り返されています。昨年より付けている記録を見ると、個人の”伸び”が数値でハッキリと示されています。スイングスピードなどで昨年の春先との違いを体感している部員もいるかもしれません。”他校の取り組み”もチラホラ耳に入ってきます。その部分は敢えて気にせず、まずは自分自身に向かい合うべきと考えています。
 この日は検定に向けた講習で全員が揃ってはいませんでしたが、計画通り取り組みました。


① 日は長くなってきたものの、17:00過ぎには真っ暗です。


②普段からマネージャーが手伝ってくれます。


③ マネージャーもバット振っていますが、多少野球ができる人です。


④ マネージャーのサポートを受けながら打ち込んでいきます。


⑤ 一人用ティーもいくつかあるのでいろいろ組み合わせて打ちます。


⑥ 軽く投げていますが、手投げによるバッティングも行います。


⑦ ウエイトトレーニングは計画的に自分の体と相談して。


⓼ 室内トレーニングマシンも良いですが、古典的なものも組み合わせます。


⑨ これこそ正しいフォームで・・・・。 


⑩ 
記録は大事。しっかり付けるように。


⑪ 練習が終わる頃、学校自体も人が少なくなっています。
 

お知らせ


【冬期間の練習報告3】

ホームページ更新3回目です。担当者も写真をいろいろと撮っていますが、季節柄似たようなものになってしまうことをご了解ください。この日はトレーニングマシンを使ってのウエイト練習がありました。マシンの使い方にも慣れ、各自強弱をコントロールしながらトレーニングに励んでいます。また、秋以降の経過をメモしながら行っています。強い寒波が来たこの日はハウス内でも寒さが堪えますが、選手たちは大丈夫です。ただし、バッティングのときは親指の付け根あたりが痛んでいるかもしれません。以上、今回の報告でした。


① トレーニングルームの中です。多くの生徒が利用しています。



② ”正しいフォームが最優先”と意識しながら練習します。



③ ちょっときつそう。



④ ウエイト重量がやや増えてきました。



⑤ 声かけあいながら黙々とやっています。



⑥ ハウス内でのティーによるバッティング。 



⑦ 隣ではトスによるバッティングも行っています。



⓼ 素振り・ティーバッティングなどは複数個所で行っています。
  広々使えることもありがたいことです。



⑨ 終了後は部員全員で補食のおにぎり。しっかり食べろ!



※本校では模擬試験や公務員講習などもあるので、思う存分練習できない日もたまにあります。

 

お知らせ


【冬期間の練習報告2】

ホームページ更新2回目となります。HP上の正式名称は山形県立天童高等学校部活動情報なのですが、さらっと言えば“天童高校野球部ブログ”というところでしょうか。今回は冬の練習その2ということでご報告します。天童高校にはビニールハウスが3棟あります。相当前に作ったものなのでだいぶ古くなりましたが、現在も大事に使っています。主にティーバッティングやウエイトトレーニングを行っています。冬期練習はメニューによっては校舎内でも行います。体育館や階段など工夫を凝らして練習しています。土田洋輔監督(保健体育科)指導の下、自ら考えながら張り切ってやっています。


① 筋力トレーニングも冬の重要課題。バーベルは基本。


② ただやるだけではなく、姿勢やスピード、回数にこだわって取り組みます。



③ 天童高校には新しいトレーニング施設もあり、借りて練習するときもあります。



④ “懸垂”は古典的ですが全身トレーニングになります。



⑤ 監督からノック練習で気づいた“足の運び方”についての指導です。



⑥ 久しぶりのノックですが、イレギュラーがない分捕球はスムーズです。



⓼ 外の雪・ラフランスの樹を見ながらのスイングです。


 

※道路の雪は時々消えますが、グラウンドの様子はまだまだ外で野球することをイメージさせてくれません。

 地味なトレーニングまだまだ続けていきます。

 

お知らせ



【冬期間の練習報告1】

天童高校野球部です。ずいぶん長い間、部のHPが更新されずにいました。ご迷惑をおかけしました。保護者をはじめお世話になっている方々、ちょっと気にしてくれている中学生、OB・・・などいると思います。そこで平成31年1月、HPでの活動報告を再開させていただきます。今は冬期間、地味な日常練習になりますが、どうぞご覧ください。選手・マネージャー計22名、監督・部長ともに頑張ります。その日の部活動日誌っぽくなりますが、まずはご覧ください。


  
 112日は部員・顧問・保護者そろって初詣を行いました。天童市道満『春日神社』です。

学校から4㎞、ランニングにて向かいました。ちなみにマネージャーは走っていません。来年です。

   マウンドから見た現在のグラウンド。例年より雪が少ない感じです。



   バッティングは当然毎日のメニューです。



  
 自分に最も合うフォームにこだわって振りぬきます。


  
 2年生の写真ですが、1年前と比べたらやはりパワーはアップしています。


  
 これも2年生の写真ですが、1年前と比べたらやはりパワーはアップしています。


⑦ 最後は水代わりに雪で整備します。


※普段の練習報告という他愛のないものですが、こまめに更新していきたいと思います。