お知らせ

バドミントン部


 バドミントンはハードな競技です。コートを走り回り、シャトルを拾い、ネットを挟んだ相手が拾えない所にシャトルを打ち込む。言葉にすれば簡単ですが、実際にプレーすると、これが結構難しい。ゲームをどう組み立てるか。あそこにああ打てば、相手はこう打ってくる、その裏をかくためには・・・・・。こうした頭脳戦と心理戦の繰り返しであり、これがなかなか奥深いのです。

 こんなバドミントンと格闘している私たちは、3年生男子9名・女子2名、2年生男子3名・女子2名、1年生男子2名・女子1名の合計19名。そのうち15名が高校からバドミントンを始めた初心者ですが、昨年度は県の初心者大会(あすなろ大会)で男子のダブルスが優勝するなど、日々の練習の成果を発揮できました。「練習はウソをつかない」が私たちの合言葉であり、さらに上を目指して頑張っています。



   

【最新ニュース】

平成30年度の大会成績

 

地区高校総体(5/1213

男子団体戦 1回戦  対 上山明新館 3-0

2回戦(準々決勝)対 山形市立商業 0-3

個人戦 4複5単が出場 県大会代表決定戦戦まで進めず

女子団体戦 1回戦  対 山形市立商業 0-3

個人戦 2複5単が出場

堀籠・皆川組と単で庄司が県大会へ


国体地区予選会(5/19

男子は7複14単が出場

単で武田翔と増子が代表決定戦進出(県予選会出場ならず)

女子は2複5単が出場

複で堀籠・皆川組、単で堀籠が代表決定戦進出(県予選会出場ならず)

単で庄司が県予選会へ


県高校総体(6/13

男子団体戦 2回戦  対 南陽 3-0

3回戦  対 新庄南 0-3(県ベスト16

女子団体戦 2回戦  対 新庄神室産業 1-3

個人戦 複 堀籠・皆川組 1回戦 対 鶴岡中央 0-2

単 庄司 2回戦 対 米沢興譲館 2-1

3回戦 対 山形城北 1-2(県ベスト16


国体県予選会(7/7

女子単 庄司 1回戦 対 九里学園 2-0

2回戦 対 立川中 0-2


地区新人戦(9/89

男子団体戦  1回戦  対 山形南 0-3

個人戦 2複5単が出場 県大会へ進出ならず

女子団体戦 部員3名のためエントリーせず

個人戦 1複3単が出場

単で庄司が準々決勝進出、県大会へ